ホーム > お知らせ・新着情報一覧 > ココロンネットスタッフのつぶやき(2)
もどる

お知らせ・新着情報

ココロンネットスタッフのつぶやき(2)

【2019年02月15日|長崎県】

3児の父です。
下二人の小学生の息子がインフルエンザにかかりました。
ある週の月曜日に発熱したと学校から連絡があり、病院に行ったらインフルエンザでした。
火曜日から学校を休み、次の週の月曜から元気に学校に行きました。
その月曜の夕方、今度は弟が頭が痛いと言い、病院に行ったところインフルエンザでした。
また火曜日から学校を一週間休みました。
この2週間、共働きのわが家が助けてもらったのは、「病児保育」です。
「病児保育」は病院(小児科)が母体の病児保育や、
保育所が母体となっている病児保育などがありますが、
どちらも保育と医療のサービスを同時に受けられます。
夫婦ともに近くに親類がいないことから、子どもが幼少時より何度もお世話になっています。
子どもには申し訳ない思いもありますが、仕事を休みっぱなしという訳にもいかず、
また、保育士さんや看護師さんも、
「お父さんいつでも連れてきていいよ」とやさしく声かけくださるので頼っています。
金額は私がお願いしているところは9時から夕方6時までで1日2,300円です。
1時間あたりにすると約260円です。給食代も込みです。
保育と医療のサービスを同時に受けられて1時間260円は安いなと思います。
ただ、今回は8日間利用しましたので、正直、家計は大変でした。
市町によっては2人目割引や、減額制度もあるようですよ。

やっと弟も快復して翌週の月曜から元気に登校しました。
ところが、次の日からうちの子の学級がまさかの、学・級・閉・鎖!2日間!
学級閉鎖には「病児保育」は使えませんね(涙)

戻る